2011年 02月
19日(土)
15日(火)
12日(土)
12日(土)
12日(土)
12日(土)
12日(土)
12日(土)
11日(金)
11日(金)
01 | 2011/02 | 03

Pacific






今日はバイトのイベントがありまして、品川に行きました。


まず駅出たらホテルパシフィックがみえて、サザンだ。
とか思ったんですが、ここは東京なので、ちゃうやん、と1人突っ込んでみたりしながら、会場となる写真の新の方のホテルへ行きました。


もしお客さんが、まぁみないし知らないと思いますが、このブログをみて色々気が付いては行けないので情報を少なめにいきます。


ここは東京で一番大きなホールがあるホテル。
なんか芸能人が披露宴とかするとこ、らしい。

古い記憶だと、貴乃花が結婚披露宴をここでやってたなあ、くらいしか知らん(^_^;)


まあとにかく大きいの(^-^;)
2千人収容できる大きさ。

めっさ働いた。
8時から21時まで。
大活躍(笑)


4枚目の写真は、そこの入り口入ってすぐにあるホールのうずしおと言われるところ。
でかいしキレイだからロゴとか入らないようにして撮りました!



さっくり話を変えて(>_<)


帰りにピングーで3D体験ができるスペースを発見。

確かに3D(◎o◎)

3DSも気になるよね。



明日はゆっくりできるので、風邪引かないように風邪薬でも飲んで寝ようかな。












一部の方への追伸
soleilさん!
今日は年に1度のアレでした。
今日は生CEOを一瞬ですが間近で見ましたよ。

スポンサーサイト
22:08 | 日記 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東京でも




雪が降り積もりましたね☆

つい思い出します。


ほんとに青森の雪質とはまるで違う。
青森はさらさらでお砂糖みたいなふわふわの粉雪。
東京はずっしりと固まりやすい重たい雪。

片手で簡単にしっかりとした雪玉が作れました。


粉雪だと感じなかったんですが、東京の雪は衣服にべったりと貼りつきますね。
あっちだと付いてもさらっと飛んで雪が気になりません。


ダイヤモンドダストをみたいなあ(*^o^*)


あとこの桜の木に樹氷っぽくついた雪が、白色の花みたい。桜が満開になったみたいできれい☆


昨日は日舞で、青森のお土産を配りました。
バレンタインデーに配りました(笑)
この日になにかあげるって不思議な感じがしましたけど、お土産渡してお返しに義理チョコもらうのはさらに不思議な感じがしました。

08:38 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

それ弘前へ、やれ青森へ






時間はいよいよな迫り具合になってまいりました。


出口はどこかいな。

さらに先へ。


まだあった。


この弘前城公園は広い。
広かったんだあ。


なんか札幌雪祭りみたいな雪の像がいくつかあり、その中でひときわ目を引く素晴らしいできの弘前城がありました。

近くにはレトロな電飾の滑り台も。
意外と賑わってました。



出口を探してやっと門をでたら、そこは持っている地図にない北口門。
あらまっΣ(°□°;)

近くにバス停はなし。
門の橋のそばで見つけた地図によれば、現在地のあたりはついたけど、走ってバスがありそうなとこに戻るにしても時間的にあぶない香り。


ここはええいっと、ヘイタクシー★

タクりました(^w^)


運ちゃんに聞いてみました。
青森の人は始めだけで後はこっち見てくれないって。恥ずかしがり屋なのかって。
聞いてみました。

そうらしいって(-o-;)
恥ずかしがり屋じゃなきゃこんなとこにいないって。
そうかあ~、じゃあ割り切るとするか、ね。

そったらことで、切符買って取るの忘れた人に切符渡したりしながら青森へ行く電車を待ち。
電車内で津軽弁満載車内で微笑み、新青森でチャイニーズがどっちゃりきたことに疑問を抱き、捨て、青森で高速バスを待ち、乗り、明日の朝に、東京に戻ります!


数日時間があれば意外と適応できそう。
慣れだね。
もし次くることがあったら、懐かしさを感じるのかな、どうだろね(笑)

青森よ、ありがとう!!!

23:03 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

弘前城から






弘前城の先をさらに進むと、

なにやらファンタジーなところを発見!!

3色のライトが雪に反射し、幻想的な空間に☆


青森の方々は口々になんかこわーいとか言ってたけど、どこがこわいの!きれいじゃんよこれ。と思いながら先に進みました。

時間を気にしながら。

少しすると、ねぶたが描かれた、灯籠のように埋め込まれた画の回廊が現れました。
ずっと書いてる感じのだったり、ねぶた好きの人のかなだったりと、画も思い思いにかかれてありました。
しかも結構長かった!



もうちょい進むと、そういえば夕食をたべてなかったことを思い出し、ちょうどそこから食べ物屋があらわれました!


とりあえず手軽にいけてあったかい豚まんを。

噂の豚まん!てアピールしてたけど、??と思いつ気にせず購入。
ここでもやりとりしたおっちゃん、声かけた時はこっちみるけど、品物の受け渡しは明後日の方を見ながら渡すんだよね。
そこが不思議、青森人。


さてさらに進むと、なにやら広いところにでました。
縁日の出店がいっぱい。

時間気になるけどおなかすいたし、ちょっと腹ごしらえ。

うまげなものがならんでたけど、すぐ買えるものでチョイス。


お!おしるこがある☆200円、安い。決定!☆
で購入。
ここで青森で初めてちゃんとこっちみて笑顔の接客を受けました(涙)
嬉しかったので、そのおしること一緒に、接客してくれたお姉さんを1枚の写真にパシャリ。
どうもありがとう(ToT)ノシ



さらにつづく

23:01 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

弘前城






まだおわらない!

青森をみたあとは、弘前へ!
もう日が沈みそうだがその方が都合が良い。

弘前も青森から遠い。
片道650円電車で50分。

11日の三厩までは1150円2時間近く(直通各駅なら)



さあ弘前について、弘前城を目指す。
いま灯籠祭りが行われている。
この連休の間。

弘前から循環バスがあるようですが、あいにく5時まで。
着いたのは6時だから余裕で終了。
城まで約2キロ。
歩けるっちゃ歩けるけど、とりあえずバス探し。
当たりをつけて運ちゃんに聞く。

近くまでいくと。
おー、近くまで。
そこから冒険だ。
もうすでに冒険だ。

るるぶ買っといてよかった(⌒~⌒)

着いたバス停から地図とカンを頼りにズンズンズ~ンズン。


弘前公園着☆

オレやるぅ!(b^ー°)♪


結構な賑わい。
いろんな所の方々がたくさん作ってました。
普通の、商売をアピールするの、職種をアピールするの、キャラクターもの、新幹線はやぶさ、ちょっと間違ったかもなのとか。




進んでいくと、
でた!

弘前城!!

お城だ~(^O^)

あ、お堀の水が凍ってて、何かがあるいた足跡とかありました。


あと、雪国だなぁと感じられる雪吊りっていうのかな?知らないおばさんが言ってたけど。
とかあって、楽しいです(^-^)




つづく

23:00 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ラッセーラー




今日はまず、青森にある大きな観光スポットに行きました。

「アスパム」

「ワ・ラッセ」

アスパムは物産展施設な感じ。
表に生きたタコとイカがいた!


仮設テントでは郷土料理売ってた!
出るときイノシシ肉を使ったじゃっぱ?…なんだったかな、わすれた(^。^;)
イノシシ肉に気が付いたのは食べて出て振り返った暖簾に書いてあったの見てから(^‐^;)


中は沢山のお土産売ってた。
直前に駅ビル(一応)で買っちゃった(食べ物系)けど、アスパムで買えばよかったね。
あと場所がわかりにくくて探しちゃったけど、工芸品体験コーナー。
やりたかった!

あとエコとか原子力とか環境について訴える子供向け施設や、ねぶたについて書かれたものとかもありました。


次にワ・ラッセ。
ここはねぶたオンリー。
先月出来たばっかりとか。
通年ねぶたをみたり調べたりする事ができる施設。
過去ねぶた大賞を取ったねぶたが5台あって、ねぶたの歴史などが見られるところ。
ねぶた検定なんてのもあるらしいよ。

ここの仮設ステージで、お囃子・跳人(ハネト)体験があって、参加してみました(^O^)
太鼓はかなりうまく叩けた。
しゃんしゃん鳴らすやつは灰皿だったのにびっくり。
跳人は、要はぴょんぴょん跳ねる人なんだけど、少し体をひねって片足ずつケンケンする。
説明してたおじさんゼーハー言ってた(笑)
そのかけ声が、
①ラッセーラーラッセーラー
②ァラッセーラッセーラッセーラー!
これを言いながら跳ぶ。



ねぶたと跳人体験を堪能したあと、モンドセレクション受賞のリンゴジュースを購入。
帰って飲むのだ(*^o^*)
かわりにペットボトルのリンゴジュースを飲む。
味はまあまあ。
その辺でカップ売りしているリンゴジュースの方がうまい!




あと昨日から思うんだけど、青森の人って東京人キライなのかなあ?
なんかそんな感じする。
それとも極度の恥ずかしがり屋さん達なのかなあ。
青森の人おしえて!!

18:02 | 日記 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

青森ねぶた






青森にきた2大目的の1つ、青森ねぶた。

みました!
出てきたところもそうですが、ねぶたが仕舞われる所まで。


ねぶた、壮観でした。


大迫力!


祭りは大通りの出店に始まり、なにか青森を題材にした踊り?なものをする集団がソーラン節とかも踊っていました。

そのあとに、メインとなるねぶたが登場。
道路脇には所狭しと見物客。
意外と人いた(笑)



小さいねぶたが3台。
メインの巨大ねぶたが1台。



ねぶたとねぶたの間に、お囃子の人々、太鼓の方、ハネトといわれる終始飛び跳ねて祭りを盛り上げる人がいました。


このねぶた祭りは、10日から12日まで行われる。




17:58 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

お宿



時間的には日付変わっちゃいましたが、今夜のお宿です。
グランドホテルですが、もちろんうまいことしてお安くあげております。


今日、目的の竜飛岬とねぶた祭の両方を果たしたので、明日どうしようかと思っています。


ねぶたについては後ほど掲載します。

00:38 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

目的地ついに到達!






ついに来た、竜飛崎!

竜飛岬に来たかったの~(*^o^*)

きた!



まず迎えてくれたのは、

「津軽海峡冬景色・歌謡碑」

真ん中の赤いボタンをポチッと押すと、大音量で石川さゆりの津軽海峡冬景色が流れ出す!
(2番から!)
ムービーも撮りました(*^ω^*)


自分の歌声も碑にしてほしい(笑)



ボタンを押しておじさん達がはしゃいでました。
ツアーのバスもきて、人気スポット☆



そこから少し移動すると、、でた!
日本唯一の階段国道!
とまぁいっても、青森を調べるまでは知らなかったんですが(^w^)

ちょっと進みたかったですが、冬季封鎖で紐が渡してありました。
上からみると、まぁ確かに危ないやね。




そしてさらに上へ。
頂上へ!

次は、竜飛灯台!
封鎖なのか夜からなのか、誰も居らず、鍵がかかってました。



そして目的地、そこをさらに先へ!





ついに到達、竜飛岬!!

来た、ここに来たかったのです。
演歌の心ここにあり。

人目を避けて、「津軽恋女」1番を歌いました。
ちょっとツアーのおじいさんとお孫に聞かれたかな。



写真は「ざっぱ~ん」な「火サス!」なのが撮れました。


吹雪も期待しましたが運良く晴れ、晴れ間と曇りで表情豊かにみられました♪

駅においてあった旅ノートというものに、吹雪で駅から進めず断念したなどの書き込みもありました。


竜飛岬は本に書いてあった通り、非常に風が強く、雪が積もらずに吹き飛ばされ、地面がでているところが広く存在しました。
崖をのぞき込んだらさらに風が強かった(*^▽^*)



竜飛崎での滞在時間は約1時間。
これを過ぎたら追加で2時間凍えるか、このまま帰れないかの2択になるところ。


あと曇りでも雪の中にずっといると目にくるんだね。

それから、青森の太陽は、ちゃんと山か海に沈むんだね。


日の出と日の入り、海か山からって、いいよね(^-^)



何もない風景、進まない電車、人がいない車内、その非日常的な空間、観光だから味になるねー(≧∇≦)

16:42 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

いよいよ近づく






津軽線終点三厩(みんまや)です。

小さい2両編成のレトロな電車。

着いた先は何にもない。

電車は1日往復5本。

夕方を逃すと帰れないから要注意。


このバスの運ちゃん、携帯で通話しながら運転してた。
年配向け携帯で。


あと土地柄なのか、バスであった住民は、大人子供関係なく誰とでも話してた。
もちろん訛りながら(^O^)


そういえば青森から蟹田に向かう車内で、向かいに座っていた女子中高生3人が訛った口調で適当に喋ってた。
なんか東北の訛りはかわいいね。
んでカメラを出したのがまずかったか、明らかにバレるひそひそ話で、よそ者だ、すぐわかるでよぅと話していた。
なんだ、東京もんが珍しいのかね小娘ら!
不自然にひそひそするくらいなら話しかけてみ!
と思ってみたり。

しかしどこをみても、雪、山、木、だぁ~。

15:42 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑